注目キーワード

道具・資材

過酷な作業環境を乗り越える“漁師クオリティ” の高機能ソックスブランドがデビュー

漁師とレッグウェアメーカーの共同開発でソックスブランド 「PESCALLY (ペスカリー)」が誕生。足元の悩みに応える製品のこだわりとは。

北アルプスの山々から、 水深1000mの海底にまで一気に雪解け水が注ぎ込む富山湾。「天然のいけす」とも呼ばれるこの海はミネラルや酸素を豊富に含む水が循環し、豊かな海の幸に恵まれてきた。富山県射水市にある新湊漁港でも夜が明けないうちから多くの漁師たちが、大海原へと繰り出していく。言うまでもなく漁師の仕事は過酷な作業の連続だ。

一度長靴を履いて海に出れば、長時間の立ち仕事。足が疲れるのは当然、汗で長靴の中がムレ、冬場ともなるとそれが足先の冷えにもつながる。たとえ長靴の中で靴下がズレても漁の最中に履き直す暇がないのは、誰もに共通するささやかではあるが不快な悩みの一つだろう。

悩み多き漁師たちの足元を快適にしようと立ち上がったのが、同じく富山に拠点を置き、高機能なレッグウェアアイテムを手がけてきた助野株式会社。新湊でしろえび漁に従事する「富山湾しろえび倶楽部」の漁師たちとの共同開発によって、過酷な作業環境を乗り越える高機能ソックスブランド 「PESCALLY(ペスカリー)」を立ち上げた。

PESCA=漁業、ALLY=味方。「漁師さんを助ける」という想いが込められたこのブランドは、「ムレ」「汗冷え」「ズレ」「足の疲れ」にフォーカス。素材、編み方、設計を考え抜いたモノづくりを徹底している。まずムレの悩みには、吸水速乾性のある和紙糸を使用。甲にはメッシュ、つま先や踵、足底にはパイルを採用して足の負担を軽減。

漁師の悩みから、素材、編み方、設計を考え抜いた。試作と船上でのテスト着用を重ね、高機能なソックスが完成。

足底は通気性が良い波形状パイルなので、よりムレにくい構造だ。踵周りと足裏部分にはゴムのサポートが入り、靴下のズレを防いでいる。またハイソックスタイプは、ふくらはぎの筋ポンプ作用をサポートしてくれる着圧ソックス「らく圧®」仕様で、足の疲れをさらに軽減してくれるという。漁師の声に耳を傾けて生まれた。

「PESCALLY」。今まで以上に軽快に、快適に、船上に立ち続けるために、まずはソックスを変えてみるのはどうだろうか。

DATA

PESCALLY 和紙パイルショートソックス 
1,760円 (税込)、サイズ:25〜27cm、素材:ポリエステル・分類外繊維(和紙)・綿・その他

PESCALLY 和紙パイル着圧ソックス
1,980円 (税込)、サイズ:25〜27cm、素材:ポリエステル・綿・分類外繊維(和紙)・その他

お問い合わせ

PESCALLY


文/福田真木子

FISHERY JOURNAL vol.0(パイロット版) より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. フリーマガジン「フィッシャリージャーナル」2/21(水)創刊!
  2. アンジュルム・川村文乃「魚をさばくと気持ちがスッキリします」味だけじゃない魚の魅力...
  3. 漁業に役立つアイテムを抽選でプレゼント! 応募受付は2024/5/31まで!
  4. 好気環境で簡単・安全に窒素除去できる、閉鎖循環陸上養殖システムを開発...
  5. 漁港を起点に漁村の活気を取り戻す いま取り組みたい 『海業』とは?
  6. 陸上養殖の搬送に最適! 「圧力用高密度ポリエチレン管」の強みとは?
  7. 創業100年以上の老舗水産商社・ニチモウが挑む、環境保護への取り組みとは?...
  8. 映画『さよなら ほやマン』主演、アフロ(MOROHA)が感銘を受けた漁師の言葉とは...
  9. 過酷な作業環境を乗り越える“漁師クオリティ” の高機能ソックスブランドがデビュー...
  10. 漁場の状態を陸から遠隔で確認。海に浮かぶ“ICTブイ”で計画的な出航・作業が可能に...

フリーマガジン

「FISHERY JOURNAL」

vol.01 / ¥0
2024年2月21日発行

お詫びと訂正

 

» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら