注目キーワード

道具・資材

高性能な水中マスクを初出展。水中と地上でストレスフリーなコミュニケーションを可能に

海面養殖などにおいて、水中と地上とで円滑なコミュニケーションができれば、効率的な作業が可能になる。第24回ジャパンインターナショナルシーフードショーで出展していたタバタのブースを取材した。

優れた音質とバッテリー性能
イタリア生まれのフルフェイス水中マスク

1952に田畑ゴムとして設立されたタバタ。漁業関係者にはあまり馴染みのない企業だろうが、同社のスイミングゴーグル・ブランド「VIEW」はスイミングゴーグルで国内シェアNo.1を誇る(矢野経済研究所2019年調べ)ほか、日本初となるスキューバ用プラスチックフィンを発売するなど、レジャー・スポーツ分野では知られた存在だ。そんなタバタが何故、水産業関係者が集まる展示会に出展していたのだろう?マリンレジャー事業部ダイビング営業課の玉木靖大さんが教えてくれた。

株式会社タバタ マリンレジャー事業部 ダイビング営業課 玉木靖大さん

「当社はスイミングゴーグルをはじめとして、レジャー分野のゴーグルやマスクのほか、官公庁や消防、警察、自衛隊などに、潜水機器を納入してきた実績があるんですよ。プロ仕様のマスクは、レジャー用よりも一段高い信頼性と性能が求められます。この高性能な水中マスクは漁業関係者にもお使いいただけるのでは、と考えて初出展したのです」。

展示していたのは、同社が日本総代理店として輸入販売を行うイタリアのオーシャンリーフ社のフルフェイス水中マスク。

「圧倒的に優れた音質を誇るだけでなく、バッテリー性能も良好です。水中の作業者は地上と、ストレスフリーでコミュニケーションをとりながら作業できます」という。海面養殖などでは、水中と地上とで円滑なコミュニケーションができれば、効率的な作業が実現するはず。

『オーシャンリーフ』のフルフェイス水中マスクは、フルセットで50~60万円(有線と無線あり)での販売を予定しており、11月にはデリバリーを開始予定だ。



問い合わせ

株式会社タバタ

取材・文:FISHERY JOURNAL編集部

関連記事

アクセスランキング

  1. フリーマガジン「フィッシャリージャーナル」2/21(水)創刊!
  2. アンジュルム・川村文乃「魚をさばくと気持ちがスッキリします」味だけじゃない魚の魅力...
  3. 漁業に役立つアイテムを抽選でプレゼント! 応募受付は2024/5/31まで!
  4. 好気環境で簡単・安全に窒素除去できる、閉鎖循環陸上養殖システムを開発...
  5. 漁港を起点に漁村の活気を取り戻す いま取り組みたい 『海業』とは?
  6. 陸上養殖の搬送に最適! 「圧力用高密度ポリエチレン管」の強みとは?
  7. 創業100年以上の老舗水産商社・ニチモウが挑む、環境保護への取り組みとは?...
  8. 映画『さよなら ほやマン』主演、アフロ(MOROHA)が感銘を受けた漁師の言葉とは...
  9. 過酷な作業環境を乗り越える“漁師クオリティ” の高機能ソックスブランドがデビュー...
  10. 漁場の状態を陸から遠隔で確認。海に浮かぶ“ICTブイ”で計画的な出航・作業が可能に...

フリーマガジン

「FISHERY JOURNAL」

vol.01 / ¥0
2024年2月21日発行

お詫びと訂正

 

» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら