注目キーワード

インタビュー・コラム

業界を支える人物たちが、自身の経営哲学や課題解決への視点、これからの漁業の未来を綴る本連載。第1回は、水産業に関わる600弱の団体や企業で構成される大日本水産会会長の枝元 真徹氏より、魚食文化が直面する課題認識と、漁業を目指す若者に向けたメッセージをいただいた。

【インタビュー】魚食文化が直面する課題とは? 漁業を目指す若者へ

日本中の一流料理人がこぞって彼の魚を欲しがっている。その人こそ、愛媛県今治市のカリスマ漁師、藤本純一さんである。かつては誰よりも多く獲ることに喜びを感じていた藤本さんが魚の高付加価値化を目指した理由とは。

魚の価値を最大化して「高く売る」。直取引主体のビジネスモデル転換で稼げる漁業へ

アイドルで、なおかつ1級マグロ解体師。そんな異色の肩書きをもつ川村文乃さんが、「『さかなの日』応援隊」の隊長に就任!これを記念し、川村さんに“お魚愛”や隊長としての意気込みなどを語ってもらった。

アンジュルム・川村文乃「魚をさばくと気持ちがスッキリします」味だけじゃない魚の魅力

映画「さよなら ほやマン」は、ほや漁を生業とする青年を中心に展開される、“再生”の物語。メインキャストのアフロさん(写真中央)、呉城久美さん(写真左)、黒崎煌代さん(写真右)が、作品への思い、ロケ地で出会った漁師たちとの心温まる交流などについて語ってくれた。

映画『さよなら ほやマン』主演、アフロ(MOROHA)が感銘を受けた漁師の言葉とは

昨年、誕生した「さかなの日」をさらに盛り上げるべく、「ハロー!プロジェクト」のタレント6名が「さかなの日」応援隊に就任。任命式では、それぞれが魚にまつわるエピソードなどを語った。

「ハロー!プロジェクト」のアイドルが魚や食の魅力を発信! 「さかなの日」応援隊・任命式レポート

アクセスランキング

  1. 好気環境で簡単・安全に窒素除去できる、閉鎖循環陸上養殖システムを開発...
  2. 魚の価値を最大化して「高く売る」。直取引主体のビジネスモデル転換で稼げる漁業へ...
  3. 漁港を起点に漁村の活気を取り戻す いま取り組みたい 『海業』とは?
  4. 【新しい漁業の在り方】女性漁師が思い描く、漁業の明るい未来とは?
  5. アンジュルム・川村文乃「魚をさばくと気持ちがスッキリします」味だけじゃない魚の魅力...
  6. フリーマガジン「フィッシャリージャーナル」2/21(水)創刊!
  7. 脱・手書きで生産性向上へ! タッチレス帳票システムとはじめるDX入門
  8. 漁業に役立つアイテムを抽選でプレゼント! 応募受付は2024/5/31まで!
  9. 【インタビュー】魚食文化が直面する課題とは? 漁業を目指す若者へ
  10. 作業効率を上げる、漁業ワークウェアの名品5選を紹介!

フリーマガジン

「FISHERY JOURNAL」

vol.01 / ¥0
2024年2月21日発行

お詫びと訂正

 

» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら