注目キーワード

道具・資材

漁師とレッグウェアメーカーの共同開発でソックスブランド 「PESCALLY (ペスカリー)」が誕生。足元の悩みに応える製品のこだわりとは。

過酷な作業環境を乗り越える“漁師クオリティ” の高機能ソックスブランドがデビュー

海面養殖などにおいて、水中と地上とで円滑なコミュニケーションができれば、効率的な作業が可能になる。第24回ジャパンインターナショナルシーフードショーで出展していたタバタのブースを取材した。

高性能な水中マスクを初出展。水中と地上でストレスフリーなコミュニケーションを可能に

水道用や農業用として使われているポリエチレン管が、ここ数年陸上養殖でも利用が増えているらしい。圧力用高密度ポリエチレン管の強みとは一体? 株式会社クボタケミックスの西島 賢太朗さんに話を伺った。

陸上養殖の搬送に最適! 「圧力用高密度ポリエチレン管」の強みとは?

閉鎖循環の飼育では、いかに窒素を水中から取り除くかが重要となる。国際水産養殖技術展2023のティビーアールブースでは、好気脱窒を組み込んで、簡単・安全に窒素除去できる閉鎖循環陸上養殖システムが展示された。

好気環境で簡単・安全に窒素除去できる、閉鎖循環陸上養殖システムを開発

長年にわたり、漁業・水産業の発展に貢献しているニチモウ株式会社。100年以上、海洋事業に携わってきたノウハウを活かし、現在力を注いでいる取り組みとは? 同社の伊藤さんと松田さんに話を伺った。

創業100年以上の老舗水産商社・ニチモウが挑む、環境保護への取り組みとは?

アクセスランキング

  1. フリーマガジン「フィッシャリージャーナル」2/21(水)創刊!
  2. アンジュルム・川村文乃「魚をさばくと気持ちがスッキリします」味だけじゃない魚の魅力...
  3. 漁業に役立つアイテムを抽選でプレゼント! 応募受付は2024/5/31まで!
  4. 好気環境で簡単・安全に窒素除去できる、閉鎖循環陸上養殖システムを開発...
  5. 漁港を起点に漁村の活気を取り戻す いま取り組みたい 『海業』とは?
  6. 陸上養殖の搬送に最適! 「圧力用高密度ポリエチレン管」の強みとは?
  7. 創業100年以上の老舗水産商社・ニチモウが挑む、環境保護への取り組みとは?...
  8. 映画『さよなら ほやマン』主演、アフロ(MOROHA)が感銘を受けた漁師の言葉とは...
  9. 過酷な作業環境を乗り越える“漁師クオリティ” の高機能ソックスブランドがデビュー...
  10. 漁場の状態を陸から遠隔で確認。海に浮かぶ“ICTブイ”で計画的な出航・作業が可能に...

フリーマガジン

「FISHERY JOURNAL」

vol.01 / ¥0
2024年2月21日発行

お詫びと訂正

 

» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら