注目キーワード

道具・資材

陸上養殖の搬送に最適! 「圧力用高密度ポリエチレン管」の強みとは?

水道用や農業用として使われているポリエチレン管が、ここ数年陸上養殖でも利用が増えているらしい。圧力用高密度ポリエチレン管の強みとは一体? 株式会社クボタケミックスの西島 賢太朗さんに話を伺った。

ー製品の用途を教えてください。
こちらの「圧力用高密度ポリエチレン管」は、主に老朽化したプラントの代替品として使用いただいています。しかしここ1~2年、陸上養殖における魚を搬送する際の配管としても、圧力用高密度ポリエチレン管をご利用いただくケースが増えてきています。

もともと高密度ポリエチレン管は、水道用途で20年ほど前から使われていました。金属と違う点としてはポリエチレン製のため柔軟性に優れていて、割れる心配が少ないことです。

また、接合方法が特殊で、パイプとパイプの間にソケットを入れて電気を流すことで溶かして一体化させています。そうすることによって、液体が漏れない構造を実現しているのです。漏水しないというメリットから、陸上養殖にポリエチレン管が使われるようになりました。

ー貴社のポリエチレン管の強みを教えてください。
日本では他社さんでも同じようにポリエチレン管が流通していますが、弊社は国内製造であることが最大の強みです。サイズの大きいものの場合どうしてもコストが割高になる傾向がありますが、弊社では今夏より呼び径700まで国内生産に対応しました。海外からの輸入コストを省けることに加え、お客様の配管でトラブルが起きた際にもすぐに対応できるフォロー体制の厚さも、弊社を選んでいただくメリットの一つであると考えています。

今後も陸上養殖の現場でお使いいただけるよう、実績を増やしていければと思います。

話を聞いた人

株式会社クボタケミックス
第一営業ユニット エンジニアリンググループ 担当課長
西島 賢太朗さん

問い合わせ

株式会社クボタケミックス
TEL:03-3245-3840


取材・文:FISHERY JOURNAL編集部

関連記事

アクセスランキング

  1. 好気環境で簡単・安全に窒素除去できる、閉鎖循環陸上養殖システムを開発...
  2. 魚の価値を最大化して「高く売る」。直取引主体のビジネスモデル転換で稼げる漁業へ...
  3. 漁港を起点に漁村の活気を取り戻す いま取り組みたい 『海業』とは?
  4. 【新しい漁業の在り方】女性漁師が思い描く、漁業の明るい未来とは?
  5. アンジュルム・川村文乃「魚をさばくと気持ちがスッキリします」味だけじゃない魚の魅力...
  6. フリーマガジン「フィッシャリージャーナル」2/21(水)創刊!
  7. 脱・手書きで生産性向上へ! タッチレス帳票システムとはじめるDX入門
  8. 漁業に役立つアイテムを抽選でプレゼント! 応募受付は2024/5/31まで!
  9. 【インタビュー】魚食文化が直面する課題とは? 漁業を目指す若者へ
  10. 作業効率を上げる、漁業ワークウェアの名品5選を紹介!

フリーマガジン

「FISHERY JOURNAL」

vol.01 / ¥0
2024年2月21日発行

お詫びと訂正

 

» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら